結婚を考えている相手がいる場合、プロポーズのタイミングというのは非常に重要なものとなってきます。

憧れのシチュエーションやタイミングがある女性も多いですよね?

自分の誕生日や2人の記念日、クリスマスなどイベントと共にプロポーズされたい!!なんて方も多いはず♪

そこで今回は、プロポーズのベストタイミングをご紹介♪

愛する彼氏にもアピールして、理想的なプロポーズを受けてみませんか?

プロポーズのタイミングは誕生日が人気?

誕生日

プロポーズのタイミングとして、人気があるのが誕生日!

相手がロマンチックなことが好きな人だったら、自分の誕生日に好きな人に結婚を申し込まれたということで、素敵な記念日にもなるので喜ばれます。

しかしせっかくの誕生日なので、しっかりとプランを立ててプロポーズしましょう。プロポーズをしようとして失敗して、逆に幻滅されるなんて事にならないように・・・。

恋人だったら、誕生日に一緒に過ごしたいと思うことでしょう。その日は誕生日ということに触れずに、忘れたふりをして一緒に過ごして、今日ももう終わりという時間が近づいてきたら、「遅くなったけど誕生日プレゼントがある」などと言って、プレゼントとして用意した指輪を渡します。

このときに「結婚してほしい」に一言を忘れないようにしましょう♪

これで彼女もイチコロ♪誕生日を忘れられていると少し凹ませておいて、最後に誕生日のお祝いとプロポーズの言葉で締めるのです。

何もない日常が一気に非日常に変わる様は、気分を高揚させるので、断られるようなことはないでしょう。

ちょっとドラマの主人公になってみたいなどの憧れがある人は、高級なレストランなどでプロポーズするのもいいでしょう。

結婚したいということを、言葉でしっかりと伝えることが大切です。

さらにはこんなカップルもいるようです!

付き合って1年でプロポーズをする場合の注意点は?

プロポーズ

付き合って1年の恋人の年齢も大きな要素となっています。

20歳、21歳などの若い年齢だと、プロポーズしても断られる可能性があります。若いのだからまだ自由の身でありたい、もう少し仕事を頑張りたいなどの理由がありからです。

相手に結婚願望があるということを確認してから、プロポーズについて考えるようにしましょう。

結婚適齢期、またはそれを過ぎそうな人過ぎている人は、付き合って1年というのはちょうど良いタイミングではあります。

ただ、具体的にそれをいつするかということが大切になってくるので、相手がどんなときに結婚したいと望んでいるか、さりげなく確認しておきましょう。

例えば、「誕生日に入籍したい」などと言っていれば、その半年前ぐらいに何らかのイベントがあれば、そのときにプロポーズするのです。

6月が誕生日の人だったら、クリスマスにプロポーズをするのです。

結婚までの挨拶などもあるので、半年以上前を目処にすると良いでしょう。イベントがなければ、一緒に旅行に行くなど、自分でイベントを用意しましょう。

ではプロポーズといえば、指輪を渡す!というイメージの方が多いと思いますが、実際にの所指輪は準備した方が良い?しなくても良い?

プロポーズの際の指輪事情をご紹介!

⇒続きはコチラ